2010年02月27日

無農薬のお米でお酒造り

今季は隠し玉がまだまだあります!!

なんと!!地元、宇佐市で無農薬栽培されたお米「しあわせ米」を使ってお酒を造ります!
今日は「宇佐本百姓」の深見さんと金丸さんが「しあわせ米」を持って来てくれました(^^)

HP
http://100sho.co.jp/
ブログ
http://ameblo.jp/100sho/

kome2.jpg

しかも!!無農薬の良さを活かすため、今回は精米歩合90%(食用と同じ精米)で仕込みます!
お米を殆んど削っていないので、お米の実力が試されるこの方法。。。出来上がりが楽しみです(^^)
kome.jpg

明日の”蒸し”に間に合う時間だったので、早速洗米しました。
16-846.jpg
酒造りで通常使われるお米は精米歩合60%程度ですが、今回は精米歩合90%という事で酒造りの作業も変えていかなければいけません。

下の写真は洗米の後の吸水作業中。

90%だとなかなか水を吸わないので約半日程、水に浸けてあげます。(通常は12〜13分)
kome3.jpg

無農薬で大切に栽培されたお米。大切に仕込みたいと思います!!
この記事へのコメント
普通のお米はお酒に向かないといいますが・・・。

その辺りは工夫のしどころなのでしょうね。
この「しあわせ米」だけで仕込むのですか?
他のお米と混ぜるのでしょうか?
Posted by asu at 2010年02月27日 21:28
>asuさん
そうですね〜。普通のお米はお酒造りには向きません。ましてや麹まで普通のお米で造るとなると。。。しかも精米歩合90%です。

このお酒は香りが良くて、綺麗でスッキリとした味のお酒では無く、いかにも"穀物らしい"お酒にする(なる)予定です。
普通のお酒とは方向性が違うので、どれだけ受け入れて貰えるか分かりませんので、今年は試験的な仕込みです(^^)小瓶で100本くらいできるかなかな〜。といった感じです!
Posted by koma2 at 2010年03月01日 19:58
食用米で90%精米のお酒、どんな仕上がりになるか楽しみっす。。

ぬる燗なんて良さそうですね´з`

是非、呑んでみたいです^^
Posted by 448 at 2010年03月02日 00:57
 お酒造りは一般的に’山田錦’をはじめ酒造好適米を使いますね。でも夏子の酒のモデルになった’亀の尾’は飯米です。久須美酒造ではこのお米で純米大吟醸’亀の尾’を作っています。90%精米に関してはるみ子の酒でお馴染みの森喜酒造さんがチャレンジ90と名づけて90%精米のお酒を販売しています。そのほかの蔵元さんでも加工米で作られている蔵元さんもいます。さて、飯米で90%精米はどうでしょう。お酒が出来上がるのが楽しみですね。
Posted by jyuugo at 2010年03月02日 18:45
>448さん
出来上がりのイメージはあるんですが、私も初めての経験なので、どんな仕上がりになるか楽しみです。熟成向きのお酒かな〜。。。

>jyuugoさん
お詳しいですね。出来上がりをお楽しみに!!
Posted by koma2 at 2010年03月03日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142306507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。