2010年02月13日

瓶詰め

現在、蔵では仕込み6号、7号の仕込みをしながら、2号、3号の瓶詰め火入れの作業が続いています(4号、5号は醪の状態)。
昨日は仕込み3号(純米吟醸)の瓶詰めをしました。

名称未設定-1.jpgこんな機械(!?)を使って瓶にお酒を詰めていきます。ちなみに20年前に使っていた物を修理して使っています。構造がシンプルなお陰で長年使えます(^^)作業は完全に人力になってしまいますが。。。
16-769.jpg

瓶詰めをした後はキャップを打栓していきます。こちらの打栓機も20年以上前のもの。少し油をさしただけで復活しました(^^)ちなみに足でペダルを踏む事でキャップを加締める構造になっているんですが、1本づつなので結構大変です(^^;)
16-702.jpg


posted by koma2 at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古い道具を 大事に使う!
これも 小松酒造場の“味”ですな〜〜。

本当のエコロジーは こういうことなんですけどね。
Posted by 塩爺 at 2010年02月13日 15:41
そう言って頂けるとうれしいです(^^)古い道具の方が、壊れにくくて長持ちするもんですね〜。これからも大切に使っていきます!
Posted by koma2 at 2010年02月15日 01:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。