2009年07月30日

かちえび

今日は豊前海で取れたアカエビを使った宇佐市長洲地区の名産品「かちエビ」。

かちエビは取れたてのアカエビを干したもので、漁師町長洲の名物として親しまれています。
アカエビ漁が最盛期だった1945年ごろにはかちエビの加工業者「えび舎」が約20社あったといわれています。乾燥させたエビを木の棒で打って殻を取り除く「エビ打ち」は夏の風物詩だったそうですが、水揚げ量の減少で現在は3社が残るだけです。

食べ方はそのままでも、戻してすしなどにまぜてもよく、干すことでうま味が増し、本来の自然な甘味が口の中に広がります。


我が家では昔から酒の肴の定番で、子供の頃からよく食べてました。

7.22.jpg
上野水産

posted by koma2 at 23:58| Comment(0) | 今日の"いっぴん" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。